FC2ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
あの時
人は、時々過去を振り返りたくなる。
過去を気にするよりも、まだ見ぬ未来を思って、前を向いて歩いていくことの方が大切。
そうわかっていても、あの時の自分がちょっと気になる。
そんな今日この頃、ノグチゴロー。
ブログを覗いてみると、アタリマエのように、あの時のままだ。
GORO日記は、1977年10月30日止まりかー。
まだ書いてたよね?
と、古い日記を広げると、一途に思いを綴っているあの時のワタシが、いた。
今ではこっぱずかしい限りだけど。
スポンサーサイト
2018.04.16 Mon 23:57:20   comment:0   [つぶやき]
君に逢いたいよ
そう・・・。
キミに逢いたいんだよ。
キミでなきゃ、ダメなんだ。。。
そう再確認させられて、せつなさが募る・・・

そんな1曲です。

僕をまだ愛せるなら僕をまだ愛せるなら
(2012/05/02)
野口五郎

商品詳細を見る


作詞は、つんくさんです
2012.05.27 Sun 14:36:20   [DVD/CD]
STBメモリー(1)
「運命」か?「宿命」か?・・・
STBライブ以降、そんなことをふと考えてみる。
「運命」は、あきらめを伴う受動的なイメージ
そして、「宿命」は、受けて立つゾーって能動的なイメージ
・・・かな?
「哀しいコイは、『宿命』と思えばいい・・・」
って、ひょっとして、ワタシに言ってる?
と、勝手に思う。
これって、「哀しい」んじゃなくて、「苦しい」場合にも当てはまる?
教えてー、GORO・・・。
2012.05.08 Tue 02:10:41   [つぶやき]
熱いウィーク
今夜から、コレ↓始まってます。

GORO SUPER LIVE
’COLORFUL ENERGY’ VOL.12

場所:STB139
公演日:2012年4月29日(日)~5月5日(土)
チャージ:7,000円(税込)
4月29、30日、5月3日~5日
   door open:17:00、show start:18:30
5月1、2日
   door open:17:30、show start:19:00
STB139電話予約:03-5474-0139
STB139HP予約:http://stb139.co.jp/139/soundful/resv/resv.html


ハティさんの初日は、もちょっとオアヅケなワケで・・・。
ちょっーと、ワタクシゴトがいろいろあって、GOROへの集中力?が欠けてるゾ、ハティさん!!!
てな、状態です・・・
すんません。
今年のチケット番号の平均値は、108。
2012.04.29 Sun 23:56:00   [ライブ]
僕をまだ愛せるなら
僕をまだ愛せるなら(DVD付)僕をまだ愛せるなら(DVD付)
(2012/05/02)
野口五郎

商品詳細を見る


胸がドキュンと鳴りそうな、ジャケ写真
ステキーーーーーーっ
2012.04.04 Wed 01:06:54   [DVD/CD]
バースデーメモリー
ドキドキしながら番を待つ。
そして、そのドキドキは、自分の番が来た瞬間に頂点に達し、頭はまっ白に・・・。
確か、「おめでとうございます・・・」と言って、握手して、
「ほにゃららです・・・」と、プレゼントの説明をして、手渡した・・・ハズ。
ちゃんと笑顔でいられたのだろうか、ワタシ。
もう、ぶっ飛んでたから、自信がない。
この年で、あんなにドキドキすることは、他にない。
自分の番を待って、自分の番を迎えるまでの時間。
そのつかのまに、まちがいなく、『オンナの子』になっていた・・・。
自分の番が終わって、またフツーのおばさんに戻って、
終わってしまった脱力感のまま、ぼーっと他の人が握手する様をながめていた。
みんな、GOROの前に立つと、めちゃくちゃウレシそう
そんな握手のひとときでした。

「甘い生活」・「私鉄沿線」・「哀しみの終わるとき」は、『愛の3部作』として作られた・・・
と、かつて、GOROが言っていた、と記憶する。
ある男と女が出会って、「甘い生活」を始める。
しかし、甘さは、いつしか苦さに変わって行ったのか、二人に別れが訪れる。
傾いたままの気持ちは、「私鉄沿線」から離れることをためらわせる。
そして、思いがけず、ある日の再会。
「哀しみの終わるとき」を待つ、と告げる男。
が、やはり、二人は別れてしまったのだろう。
思い出も心残りも封印して、月日は流れる。
しかし、またもや、出会ってしまう二人。
心を残した別れは、うつろに過ぎた時間の長さを忘れさせる。
「僕をまだ愛せるなら」
そう言って、男は、これからの時間に思いを託す。

ま、これはイメージですから。
いや、誇大モウソウかな?(笑)


2012.02.28 Tue 00:42:58   [つぶやき]
オンナ歌?オトコ歌?


離れていると壊れていくよ
君が今誰かといるとか
思うたび・・・
(「You make me blue])

あー。
かなわぬコイってせつないねー。
「逢いたい」
も聴いてみたい。
ところで、セツナ系って、
刹那系じゃなくて、切な系、よね?
2012.02.08 Wed 00:40:20   [つぶやき]
もうコイなのか?
一般的には、
オトコのキモチを歌ったのがオトコ歌、
オンナのキモチを歌ったのがオンナ歌?
と、言うのだろうか・・・。
なんだか、オンナ歌が聴きたくて。
オンナ歌で歌われているオンナ心を
びしびし感じてみたい。
と、今日は、ユーミンばかり聴いていた。

逢えない時でも
あなたのこと
胸に抱いて
歩いている
(「守ってあげたい」)

また逢う日が
生きがいの哀しいDESTINY
(「DESTINY」)

そんなこっぱずかしい言葉が
歌では、さらりと言える。
すごいもんだ!
という羨望とともに、やけにその言葉が身に沁みる。
あれは、ハティさんが中学2年生だったと思う。
友達にユーミン好きな子がいて、
半強制的に?『14番目の月』を貸してくれたっけ。
それ以前に、「ひこうき雲」がとても好きだったんだ、ワタシ・・・。
そんなユーミンの思い出を、彷彿させていたら
なんだか「ランチタイムが終わる頃」が聴きたくなって、『パールピアス』を買う。
ついでに、前から欲しかった『昨晩お会いしましょう』も買う。
2012.02.05 Sun 23:54:28   [つぶやき]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。