スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
1977年(昭和52年)8月のGORO日記
8月2日(火)
只今、「感情曲線」を聴きながら書いてます。
この歌、今、一番気に入ってる曲!
五郎の高音が、すごーくせつないかんじでよい!
それに、映画のことも思い出してしまうし・・・。
♪いいよ~ってところが、特にステキ。

8月11日(木)
ショーの券、きのうやってきました!
ガァ~~~ン!!
夢はもののみごとにうちやぶられ、希望は音とともにくずれさった・・・。
なんと、2階の一番前で右はし・・・。
絶対に、1階の15番目以内で見たかったのに・・・。
ショック!!
でも、これで、また、11月には五郎に逢えるわーい!うれしいな!

8月18日(木)
いい・・・今、すんごーく興奮してるのだ!
ドキン!ドキン!と胸の音が聞こえるくらい・・・。
ウッフ!
30日のヤングOH!OH!に、五郎がでるのだ!
もううれしくてうれしくて、先ほどまで、とびはねていたのです!
またもや、1ヶ月ぶりに、五郎に逢えるなんて、夢にも思わなかった!
勉強、がんばろう!
なんといっても、テスト終わったそのあとで、五郎に逢えるんだもん!

8月21日(日)
あと・・・10日・・・テスト・・・それに、五郎とご対面!
困るけど、うれしいなー!

8月25日(木)
もうすぐ30日!
うれしいけど、テストのことで少しあせりだした。
五郎、グランプリ、とってね!おねがいします!

8月25日(木)Part2
とても、気分不快・・・。
なんと、グランプリは、石川さゆりでした。
ガッカリ・・・。
絶対に五郎が2年連続だ!と思っていたのに・・・。
五郎は、敢闘賞でした。
でも、手ぶらで帰るよりはいいかな・・・。
ザンネン!
あ!おめでとうございますと言うのを忘れていた。
では、改めて、五郎! Congratulations!

8月29日(月)
い・・・いよいよ、あしたなのだ! 
WAY!WAY!五郎に逢えるぞ!
テストなんてくそくらえ!

8月30日(火)
今日は、書くことが一杯!
思う存分書くもんね。
WAY!愛する My Goroと1ヶ月ぶりにご対面。
ほんのわずかな時間だったけど、もう最高!
PM1:30より6:30まで、ピッチリ5時間、ずーっと立ちっぱなしでがんばったのだ!
そのかいがあって、とってもよい席で座って見れた!
五郎との間が、10mもないかな。
歌は、「季節風」一曲だったけど、
前半は、「パンダの解散インタビュー」で記者として、ほとんど出てたもん!
五郎すてき!
衣装は、ラメのようなテカテカしたやつのスーツみたいなの。
ズボンは、”GOOD ARRIVAL”で着てたのではないかな?
記者として出てたと時は、ジーパンの上下!
これまた、とてもすてきでした。
帰りに、例のごとく、楽屋口で待ち伏せ!
すると、なーーーんと!出てきたのです!車に乗って・・・。
残念ながら、私は人の頭にじゃまされて、
ひとっつも五郎らしき姿を見ることができなかった。
それにしても、五郎の人気のものすごさ!
いつも驚いてしまうなぁ。
わずか1曲歌うだけなのに、地方から来てる人もけっこういた。
まわりの人の話をちらほら聞いてると
「新幹線で来たの!」とか「あすスカイメイトで帰る!」とか言うんだもん。
おどろき、もものき、さんしょのき!
徹夜組も何人かいたらしいし・・・。
ほんのわずかな時間なのに、そこまでしたいかなー、ってつくづく思う。
人によれば、「倉敷行って、鳥取行って・・・」とか
「北海道でパチンコいっしょにしたのよ!」という人もいる。
うらやましいというか、あきれるというか・・・。
私も相当五郎のことが好きだけど、そこまではできないと思う。
でも、1度、同じ汽車に乗って、同じホテルに泊まって、
そして、一部始終、五郎を見ていたいなー。
ムリなことだけど・・・。
もう1つ恐ろしかったこと・・・五郎の車が道路に出ると、いっしょになって追いかけて
堂々と車道にでるんだから・・・。
見ているこっちがヒヤ~~としてしまう一場面でした。
今年はすごーくついてるのだ!
5回以上も五郎に逢えるもんねー。
もう、すごーく好き!大好き!
きょうはもう、Happiestな一日でした。
午前中テストだったなんて、もう忘却の彼方なのだ。
ただ1つ、不安がある。
9月25日、ヤングOH!OH!放送日!
あーあ。きっとブスなのだ!いやだーー!
だけど、このように生まれ出たものはしょうがないんだ。
だから、うーんとみがきをかけて、美しくなるよう努力しよう!
なーんちゃって!
五郎!どうもありがとう!

8月31日(水)
五郎の日生ライブ、聞いたのだわー!
あの一番前で見た感激をまざまざと思い出した。
でも、ラブラブで流れたのを録音したのを、何度も聞いてたから、
それほどまで感動はしなかったけど・・・。
ただ1つ、「水平線へ」を聞いた時だけ、ビビーン!ときたのだ。
メロディがよい!
後半のもりあがりのところ最高!!
さすが、五郎ねーーー!
あす、レコードの予約するんだーい!
10日に発売!たのしみだわ!

(ひとこと)
久々に、一挙公開だー。
なんとなく、恥ずかしすぎて?アップするのをためらってました。
今年のSTBで、久々に聴かせてくれた「マイウェイ」・・・。
いつが最後だったんだろう?
と、「GORO日記」を見てみたら、
1977年7月30日の日記に
「ラストに”My way”がなかったので、ちょっと、物足りないかんじ!」
とあるので、ハティさんは、春の日生劇場リサイタルが聴き納めだったようです。
「未来の歌だと思って歌っていた」GOROの「マイウェイ」は、
躍動感にあふれていて、いつも、コンサートのラストを盛り上げてましたっけ。
そして、実は、「過ぎた時間を振り返る歌だった」と知って、歌ってくれた今年の「マイウェイ」。
今、思えば、楽しい思い出よ~
ってところで、ハティさんの頭の中では、若い頃に見たGOROのコンサートのシーンが
ざざざーーっと、フラッシュバックしたのでした。
「楽しい思い出」を飾ってくれたGOROに、深く感謝。
涙は目じりまで迫ってくるけれど、回りの人たちのように、滂沱のように流れ落ちないハティさんでした。
2011.05.15 Sun 01:11:15   [GORO日記]
徹子の部屋| HOME | 新入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。