スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
徹子の部屋
やっと「徹子の部屋」を見た。
あ。GORO、ヘアスタイル変えた?
全体的に短めで、サイドの切り込み?がシャープになって、福耳GOROがよくわかる。
いい感じ~。
「私鉄沿線」を聴いてみましょう・・・
ということで、「私鉄沿線」のジャケ写真が画面いっぱいに映った。
何回見ても、その憂いを含んだ表情がいいなぁ・・・。
で、ふと気づいたんだが、「私鉄沿線」という文字は、活字ではなく、伝言板ちっくに手書き?
え?誰の?
ちょっとGOROの字でじゃない気がするけど、ひょっとしてGOROの?
と、気になった。
「私鉄沿線」のジャケ写真のフォトグラファーは篠山紀信さんで、青山墓地で撮影されたそうな・・・。
当時、ジャケ写真撮影と同じ時に撮ったであろうと思われる、別の写真が
「明星」や「平凡」といった雑誌に、載ってたような記憶がある。
前にも書いたが、「哀しみの終わるとき」のジャケ写真の別バージョンが、
雑誌「女学生の友」に載っていて、その中の1枚がすごく好きだった
もう一度見たいなぁ~~~
と思うけど、その「女学生の友」を手にすることは、ほぼありえないし。
確か、「哀しみの終わるとき」のジャケ写真の撮影場所は、精神病院だったと聞いたが。
きっと、篠山紀信さんちには、貴重なオフショット写真が、いっぱいあるにちがいない

2011.06.06 Mon 00:51:33   [テレビ・ラジオ]
回想・GOROウィーク 2011| HOME | 1977年(昭和52年)8月のGORO日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。